2007年06月12日

育毛といえば、忘れることができないのは育毛剤です。


育毛といえば育毛剤というほど、様々な育毛剤が販売されています。
育毛剤の働きとして主なものは、頭皮の余分な皮脂を抑制する、血行を促進する、毛母細胞に栄養分を与えるなどがあります。
では、育毛剤にすべての症状に効くものはあるのでしょうか?
そもそも、薄毛にはストレスや頭皮のトラブル、もちろん遺伝と様々な原因が考えられます。
つまり、育毛方法というのは、薄毛の原因によってひとつではないということなのです。
ですから、育毛剤を選ぶときには原因が何かを考える必要もあるのです。
実は、育毛を行ったからと言っても、今生えている髪の毛の寿命や、太さが変わるわけではありません。
というのも、髪が生えてくるときの頭皮の状態で寿命や太さもほぼ決まるからなのです。
ただし、育毛を続けることで今以上に悪化させないようにすることは可能です。
また、頭皮の状態を整えることによって、太くて寿命の長い髪の毛が生えるようにすることも育毛の目的です。
それから、忘れないでいただきたいのは、育毛剤はあなたのストレスをなくしたり、健康状態を改善するものではないということです。
ですから、育毛剤だけに頼りきりになるのではなく、ストレスの原因を見直したり、生活習慣を改善することも同時進行で進めましょう。
ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!

[PR]はげ!ハゲ!剥げ!要注意!増毛植毛抜け毛つけ毛対策委員会
posted by 育毛カウンセラー at 05:00| 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。